メガソーラー稼働 2013.3.21







矢野産業とソーラーフロンティアが、国富町木脇の2ヶ所で整備を進めていた大規模太陽光発電所(メガソーラー)が完成

 3月21日、九州電力への売電を開始し、年間の想定発電量は計約4500メガワット時で、一般家庭の消費電力約750戸分となる見込み。売電事業への参入は初めてで、ドイツの最先端技術を導入。

 発電所名は「国富メガソーラー」 

 竣工式には、矢野社長ほか約80人が出席。矢野社長は「会社設立50周年の節目に新事業に参入した。ここでノウハウを吸収し、次につなげたい」と新たなスタートであることを語った。

また、本社敷地内に国富ログハウス「晴耕堂」を建設し、管理棟として使用している。
メガソーラー

国富メガソーラー