道路断面図
路床とは、舗装された所から約1m下であり、自動車が通る際に重さの影響を直接受けないとされる
深さとされ、路床の上には、路盤が設けてあります。
上層路盤・下層路盤に使用する路盤材(クラッシャラン・粒度調整砕石等)は、表層・基層(アスファルト部)からくる重さを分散させることで、路床が十分に耐えられるようにする役目となっています。
また、排水効果・凍上防止などの役目にもなっています。

  鉄道用 道床バラスト
  
鉄道の線路・軌道の道床として使用されています。

美砂(ミサゴ)                    ロックワン